カテゴリ:映画( 2 )


2012年 12月 14日

恋のロンドン狂想曲

久しぶりに映画!

ウディ・アレンは、今年「ミッド・ナイト・イン・パリ」を観ていますが、
今度はロンドン・・ということで。




感想・・・
きっと、だから何を言いたいとかそういう映画じゃないのですよね?
なんとなく、日常から少し外れてはいるけれども起こりえるような騒ぎを
ユーモラスに映画にしたという事?なのでしょうか?

・・・以上・・・・

とりあえず気分転換に。

b0196052_17152734.jpg


札幌市内のミニシアターでの上映でしたが、
映画館隣にカフェも併設されていて、そのカフェのご飯が好きです。
かぼちゃのポタージュ、とっても美味しかったです!
13:00頃に入ったのですが、人の入りもパラパラっという感じで
わずらわしくなく、
日がさしてポカポカしていて、とっても良いランチ時間でした。

b0196052_17175043.jpg

[PR]

by yumiko-to-mozart | 2012-12-14 17:20 | 映画
2012年 10月 22日

新しい靴を買わなくちゃ

b0196052_1111316.jpg


先週観てまいりました。

なんだか~映画を~観たい~けれども~軽~いものが~いいのよね~

という気分だったので、
勿論字幕は除外、そして中山美穂の事をひそかに好きな私は
この映画をチョイスしました。

共演の向井理さん、実は「のだめカンタービレ」のチェリスト菊地くんの役のときから
私はすごく良いと思っていましたが、
最近雑誌の表紙になったり、すごく人気ものになられて・・・。

こういう現象って、何だか少し複雑・・・。


内容は、パリ在住の女性(たぶん40歳前後というお歳)と
旅行者の青年が、アクシデントから3日間を共に行動することになって、
そして恋することにもなるのだけれども・・・
というものですが。

色々な評判やクチコミを見ると
40歳前後の女性(中山美穂)が青年とあってからの
はしゃぎっぷりが、痛い

とか、脚本と監督である北川悦理子さんの妄想が炸裂しているだけの映画

などとも書かれています。

でも、
向井理さんと急に出会って、
お食事することになったり、
酔っぱらっていたとはいえ、おんぶしてもらったり、
「僕、彼女いないんです・・・これってアプローチです・・・」などと言われたり
したら、
はしゃぎますって・・・・ね。

実は私がコーヒー豆を買いに行く
某カフェに、向井理さん似の青年がいるのです。
コーヒー豆を挽いてもらうだけなんですけれどもね^^
[PR]

by yumiko-to-mozart | 2012-10-22 11:20 | 映画