カテゴリ:お食事( 17 )


2013年 01月 31日

洋食が続く


自分で作ると、洋食系のものが続くということに
最近気付きました。

b0196052_9301393.jpg

よく作る「ジャガイモのガレット」
この前、スモークサーモンを挟むと良いというレシピをみて作ったら
スモークサーモンがただの焼き鮭のようになってしまい。。。。
この時はブロッコリーと共に添えました。

b0196052_9303953.jpg

これはジャガイモのニョッキ
豚肉とブロッコリーとソーセージと一緒にペペロンチーノのような味に。
美味しかったです。

b0196052_9342675.jpg

そして、和食が食べたいなーと思いつつも作ったのが
クリームシチュー。なんという事のないクリームシチューです。
でもfacebookの投稿にたくさん「いいね」が付きました。
みんなクリームシチューが好きなのね。
何てことない・・といいましたが、お餅入りのシチューです。
我が家では冬場はあればお餅をいれるのですが、珍しいのかしら?

和食が食べたいな・・と思い
実家でブリの照り焼きに白いご飯を食べて満足いたしました^^
[PR]

by yumiko-to-mozart | 2013-01-31 09:38 | お食事
2013年 01月 22日

お弁当

久しぶりにお弁当を作りました。


b0196052_19301583.jpg


肉シューマイ
海老シューマイ
にら入り餃子
目玉焼き(ケチャップかけ)
枝豆
ブロッコリー(オーロラソース和え)
ポテトサラダ
ご飯(梅干しとふりかけ)


・・・卵の生が駄目
半熟も微妙・・・・
そのため目玉焼きの黄身部分を、
どうしても最後に崩してしっかり焼いてしまうのです・・・。
[PR]

by yumiko-to-mozart | 2013-01-22 19:35 | お食事
2013年 01月 15日

ビスコッティ

訳あって家にいることが多いものですから、お料理することが多くなります。

「まいにち食べたい”ごはんのような”クッキーとビスケットの本」から
ビスコッティを作ってみました。
この本は、甘さ控えめのクッキー等のレシピが多くて気にいっています。

b0196052_11153624.jpg


≪材料≫
薄力粉100g
和三盆糖50g(私は「きび砂糖」を使用しました)
卵1個
奈種油大匙1(私は普通のサラダ油を使用しました)
くるみ(からいりして荒く刻む)50g

①ボウルに砂糖と卵を入れてもったりするまでハンドミキサーで泡立てる。
②油を加えて混ぜたら、薄力粉をいれてヘラでさっくりと混ぜる。
③くるみを加えて混ぜる。

④生地をオーブンシートにのせて、水で濡らした手で1.5㎝暗いの厚みに伸ばす
(大きさは10×20㎝くらい)
⑤上をオーブンで 180℃ 15分焼く
⑥上を一度取りだして冷ます
⑦冷めたらナイフで1.5㎝くらいに切り、断面を上にして並べ150℃のオーブンで30分ほど焼く。

2回(ビス)焼く(コッティ)ので「ビスコッティ」!
[PR]

by yumiko-to-mozart | 2013-01-15 11:28 | お食事
2013年 01月 14日

村上レシピより・・・その4

村上春樹さんといえば・・・
スパゲッティ

「ねじまき鳥クロニクル」から
妻がいなくなった家で、途方に暮れて作る
トマトのパスタ

b0196052_20112885.jpg


「村上レシピ」ではトマトは水分が出るほどには炒めずにさっと、
中が冷たいくらいのほうが良いとのことでしたが、
私がいつもつくるのは、トマトからよく水分がでて
アルデンテ以前にお湯から揚げたスパゲッティを少し煮込むような感じなのです。
いつもの私流で作りました。

トマトパスタは何気ないお料理ですが、きっと人それぞれの作り方があるのでしょうね。
深いお料理です。
[PR]

by yumiko-to-mozart | 2013-01-14 20:13 | お食事
2013年 01月 11日

村上レシピより・・・その3

”小林緑のおばんざい”
ぽってりとしただし巻き玉子

b0196052_19251727.jpg


「ノルウェイの森」
緑がワタナベを初めて招いた小林書店の台所で、

お互いに思い焦がれる相手が別にいるのに
なぜかふたり。
[PR]

by yumiko-to-mozart | 2013-01-11 19:28 | お食事
2013年 01月 09日

村上レシピより・・・その2

”ストラスブルク・ソーセージのトマト煮込み”

「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」
・・・世界が終わる日の朝、図書館の女の子の台所で作る・・・

b0196052_2139070.jpg


...
いよいよ今日で世界が終わる。図書館の女の子と一晩を過ごした朝、
私は彼女の部屋の台所に立つ。
「人生を引き払うには悪くない一日になりそうだった」。
冷蔵庫からトマトを出してトマトソースを作り、
トマトピューレをくわえ、ストラスブルク・ソーセージを入れて煮込む。
キャベツとピーマンでサラダを作る。
コーヒーを入れ、フランスパンを焼く。
食事が出来たら彼女を起こす。
[PR]

by yumiko-to-mozart | 2013-01-09 21:43 | お食事
2013年 01月 07日

村上レシピより

2013年、明けましておめでとうございます。
なんだかんだと、もう7日。
松の内も今日までで、なんと七草粥の日なのですね。

ところで・・全く話は変わりますが、
村上春樹さんが昨年ノーベル文学賞かもしれない!?
というお話が昨年あったと思うのですが、
村上春樹さんは、もっともっと身近な作家なような気がしているのです。

村上春樹さんの小説にはお料理がたくさん登場します、
そのレシピや場面をまとめた「村上レシピ」という本があります。

その中から、一番簡単なものを作りました。

b0196052_1822889.jpg


「風の歌を聴け」 より
”フライド・ポテト”

ジェイズ・バー
東京に帰る夜
スーツケースをかかえて

ジェイズ・バーのフライドポテトは絶対に冷凍ではないのでしょうけれども、
私は冷凍庫にあったもの簡単に作りました。
ケチャップ というのがジェイズ・バーな感じでしょうか?
[PR]

by yumiko-to-mozart | 2013-01-07 18:06 | お食事
2012年 12月 18日

白菜と生姜ベーコン風味のスープ

b0196052_19371477.jpg


ご飯ねたが続きます。

以前から気になっていた「白山米店のやさしいご飯」というレシピ本が
届きました。
春夏秋冬のメニューが色々と。
その中の冬メニューから一番簡単そうなメニューを作りました。

ベーコン細切り(2枚)を炒め、生姜みじん切り(大匙1強)を加えてさっと炒めた後
白菜を(2~3枚という事でしたが、もっと入れても・・)細切りにしていれて、
水3~4カップを入れる
沸騰したらあら塩小さじ2位を入れる。
食べる時に黒コショウをかけて。

これ、本当に温まります。
そして簡単!材料もお手軽!
冬の定番スープになる美味しさです。

黒コショウが効くので塩は多く無くてよいです。私は水4.5カップ位に塩小さじ2でしょうか?

このレシピの本、
facebookのお友達二人が以前から紹介されていて、それで気になって私も購入したのですが、
facebookにスープの写真を投稿したら
おふたりともすぐにコメントを下さって喜んでくださり
あぁ、なんだかお料理で繋がるって素敵、お料理の本って素敵
なんて思いました。

同じレシピを作る人がいるって何だか温まるでしょ?
[PR]

by yumiko-to-mozart | 2012-12-18 19:47 | お食事
2012年 12月 16日

厚揚げの入ったスペイン風オムレツ

b0196052_17114454.jpg


師走だというのに、家にいて時間のあることが多く
まぁその前は、「どうしてこんなに家にいる時間が少ないんだろ!」と思っていたから
まぁ良いのでしょうか。

それで本をみて新しいレシピを試してみたりする日々です。

「ROCAの定食」という本
とてもオシャレな和風カフェご飯が色々と。

そのなかから「スペイン風オムレツを」

具:ベーコン2枚細切り、玉ねぎ1/4薄切り、しめじ30グラム、ホウレンソウなどの緑のもの、
厚揚げ90グラム・サイコロ状に切る

上をフライパンでいため
その後に卵液(二人分で卵3個、牛乳大匙2弱、塩ひとつまみ、胡椒少し)の2/3を入れて
半熟に

上をクッキングシートで作った箱にいれて
そこに卵液残り1/3を入れて
ミニトマトを半分に切ったものを飾りに4,5個のせて
粉チーズをかけて

180℃に温めておいたオーブンで15分。

(私は卵料理は完全に火が通った方が好きなので、その後オーブントースターで5~7分)

とても美味しくできました。厚揚げが入っているせいか、割と食べ応えがありますが
美味しいのでペロリと食べてしまいます。

ケチャップやマヨネーズベースのソースを添えても。
私はケチャップにすこーしマヨネーズをプラスしたオーロラソース?を少し添えました。

↓ クッキングシートでの箱の作り方(20×30cmの大きさで上の分量が入ります)
(私は安いペナペナのシートで作ったので、具材をいれたら少し変形してしまいました)

b0196052_17221580.jpg

[PR]

by yumiko-to-mozart | 2012-12-16 17:28 | お食事
2012年 12月 13日

一合は食べられる簡単混ぜご飯

b0196052_849562.jpg


一年ほど基本的に肉食をしてはいませんでした。
(よそのお家で出されたとき等は食べていましたので厳密ではありませんが・・)

でも、最近「動物の力を借りることも悪くはないかもしれない」と思いまして
少しずつ食べています。

でも、1年ほど自分で調理していないので、お肉の塊を触るのが
なんだかなぁ・・という感じで
でもベーコンならば!

・・・という事で簡単混ぜご飯です。
これは以前も時々作っていたので、もしかしたら以前もブログに投稿していたかもしれませんが。


①ご飯1合に対して・・・(私はご飯は無印良品の「土鍋おこげ」という土鍋で炊いています。)
↑「土鍋おこげ」本当にお勧めです!!
②ベーコン2枚~2枚半をマッチ棒位に千切りして、カリカリに炒めます。
③カリカリベーコンに最後めんつゆをジュっと少量かけます(風味付けなので少量で大丈夫)
④③に塩昆布を適量混ぜます。
⑤ご飯に混ぜて出来上がり!


b0196052_85524100.jpg


余ったらおむすびにしても大丈夫ですが、ほかほかのご飯いくらでも食べてしまえます。
[PR]

by yumiko-to-mozart | 2012-12-13 09:01 | お食事