Nocturne・・・猫と天使が寄り添うピアノ

mozartcat.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2012年 10月 30日

10月はピンクリボン月間でした。

b0196052_1614619.jpg


10月はピンクリボン月間でした。
明日が31日ですが、女性の皆様検診はお済みでしょうか?

私は本日、あのお煎餅製造検査(笑)を受けてまいりました。
(下目に少しだけ見えるお煎餅にいつもギョっとしたりプププと笑ったり・・・)

写真は先週作ったお弁当。
ごはんは2段になっていて、おじゃこの佃煮をサンドしています。
上は鮭フレークでピンクリボンを。
これにスープをプラスしたのでした。
[PR]

by yumiko-to-mozart | 2012-10-30 16:18 | お食事
2012年 10月 25日

ぬか漬け

b0196052_12183923.jpg


最近のご飯。

ありもので食べたときなので、
納豆ごはんにミネストローネという変な組み合わせです。

左奥に見えているのは「ぬか漬け」です。
ぬか床が家に来てから2週間位なので、試行錯誤段階ですが、
簡単に出来て、ほぼ毎日食べています。

植物乳酸菌がたくさん!ということで
お腹の調子がとても良いです。(よすぎる位です・・笑)

子どもの頃、ぬか床から出した野菜を洗うのが苦手でした。
ぬかに抵抗があったのでしょう。

ところで、11月15日ボジョレー・ヌーボーの解禁日には
今年はぜひにもぬか漬けをおつまみに、と思い
チーズのぬか漬けも作っています。

写真に写っているのは、ただのプロセスチーズ。
これはだめだったようです。

今つけている最中のものはカマンベールチーズ。
クリームチーズをキッチンペーパーでくるんでつけるとおいしいという
話もきいたのですが、どうでしょうか?



※コメント欄ですが、承認制を解除しています。
[PR]

by yumiko-to-mozart | 2012-10-25 12:25 | お食事
2012年 10月 22日

新しい靴を買わなくちゃ

b0196052_1111316.jpg


先週観てまいりました。

なんだか~映画を~観たい~けれども~軽~いものが~いいのよね~

という気分だったので、
勿論字幕は除外、そして中山美穂の事をひそかに好きな私は
この映画をチョイスしました。

共演の向井理さん、実は「のだめカンタービレ」のチェリスト菊地くんの役のときから
私はすごく良いと思っていましたが、
最近雑誌の表紙になったり、すごく人気ものになられて・・・。

こういう現象って、何だか少し複雑・・・。


内容は、パリ在住の女性(たぶん40歳前後というお歳)と
旅行者の青年が、アクシデントから3日間を共に行動することになって、
そして恋することにもなるのだけれども・・・
というものですが。

色々な評判やクチコミを見ると
40歳前後の女性(中山美穂)が青年とあってからの
はしゃぎっぷりが、痛い

とか、脚本と監督である北川悦理子さんの妄想が炸裂しているだけの映画

などとも書かれています。

でも、
向井理さんと急に出会って、
お食事することになったり、
酔っぱらっていたとはいえ、おんぶしてもらったり、
「僕、彼女いないんです・・・これってアプローチです・・・」などと言われたり
したら、
はしゃぎますって・・・・ね。

実は私がコーヒー豆を買いに行く
某カフェに、向井理さん似の青年がいるのです。
コーヒー豆を挽いてもらうだけなんですけれどもね^^
[PR]

by yumiko-to-mozart | 2012-10-22 11:20 | 映画
2012年 10月 17日

リサイタルが終了しました



b0196052_728298.jpg


10月14日(日曜)にリサイタルが終了いたしました。

<プログラム>
第一部
・スカルラッティ ソナタK87
ソナタK27

・ブラームス   3つの間奏曲集OP.117

第二部
・ベートーヴェン ソナタop.27-2「月光」第1楽章

・ショパン    アンダンテ・スピアナートと大ポロネーズop.22

アンコール 
・スカルラッティ ソナタK87(リピート無)


どれか一曲だけ音源を期間限定でアップしようかしらと考えているのですが、
少しお待ちくださいませ。
(今パソコンがすごく重くて、中身を整理しなくては・・・・)
[PR]

by yumiko-to-mozart | 2012-10-17 11:35 | ピアノ
2012年 10月 10日

カボッコリーなるもの

カボッコリー という野菜があるそうで
かぼちゃとブロッコリーを掛け合わせたらしいのですが、
ポリポリして生でも食べられます。

千切りにしてマヨネーズであえてサラダにしたのですが、
(普通のかぼちゃよりも包丁が入りやすくて、千切りも可)
普通かな?

b0196052_17185766.jpg



それで浅漬けにしてみたら、とても美味しかったです。
近くのスーパーには売っていないので、とうぶんは食べないかと思うのですけれども。

あ、そう言えばカリッコリー(ロマネスコ)も1,2回食べたっきりだわ。。。
[PR]

by yumiko-to-mozart | 2012-10-10 17:21 | お食事
2012年 10月 08日

この夏のレシピ

この夏よく作ったトマトだけのサラダ。

よく行くバルの定番メニューで、とても美味しかったので、
家で真似をして作ってみました。
でも、なんと家で作るものの方が美味しく私好みになりました。


b0196052_19375172.jpg


トマトを湯むきします。

・バルサミコ酢 大匙1
・蜂蜜 小さじ1~2
・めんつゆ(濃縮タイプ) 1/4カップ
・おだし(顆粒だしを使ってもOK) 1/4カップ
・オリーブオイル 少々

上を混ぜたものをタッパー等にいれて
湯むきしたトマトを一晩ほど付けておきます。

バジルや大葉をのせて頂きます。


トマトの湯むきなんですが、
私は今まで湯むきの名のとおり湯につけて剝いていました。
でもでも、なかなかむけなくって「き~~っ」てなりませんか?


トマトの湯むきは
パプリカのように直火でするといいんですよ!

トマトのへた部分にフォークをしっかりさして
ガスの直火にジュジューとあぶり、焦げるか焦げないか・・・いやちょっと焦げたか?という所を
むきます。
それでもへた近い部分まで切れにむけなかったら、包丁でささーと剝いてしまいます。



冷たくしたトマトは、夏のシャンパンに合いました。

これからの季節暖かいストーブのそばでも良いかもしれません。
でもやはり夏かな?でもトマトは一年中ありますからねぇ・・・。

※あと、この付けつゆ、一回で捨てるのがもったいなくって
一晩付けたトマトの後、もう一回トマトを付けて使っていました。
その後は何かのいためものに少し使って、・・・
そんな感じでした。


※※盛り付ける時は1/6位に切って食べやすいように!
[PR]

by yumiko-to-mozart | 2012-10-08 19:47 | お食事
2012年 10月 06日

1000円分の・・・

少しだけ元気を付けたいときとか、
少しだけ良い事があったときとか、
人に言うほどじゃないけれども、何かをという時に

1000円分のケーキを買って帰ろうか?1000円分のお花を買って帰ろうか?

などと迷う事があります。

この前は1000円分のケーキを買ってかえりました。


b0196052_843730.jpg


これを一人で食べました。ちょっと多かったです・・・。



でも猫さんとしては、断然1000円分のお花が良いそうです。

b0196052_8435451.jpg


お花を買って帰ると玄関を入った瞬間目の色が変わる・・・
花びらを食べようとするのです。(もちろんやめさせますが)
なので、お花は猫が登れない高い棚の上に飾ることになります。。。。
(つるしていた事もあるのですが、猫の目がそこに釘付け・・・
何故そこまでして花びらを食べたいんでしょうね)
[PR]

by yumiko-to-mozart | 2012-10-06 08:48 | yumikoの日記
2012年 10月 04日

人生山あり谷あり山あり

最近の覚書・・・

トコロテンは断然酢醤油派なのですが、それにカラシを入れるよりもワサビの方が美味しい。
来年このことを忘れなければ、酢醤油のトコロテンにヤマワサビをすりおろして入れて
食べようと思う。

作りたてのお味噌汁、なんだか味がなじみ切っていないなぁという時には、
お椀によそった後にほんの少ーしの無塩バターを落とすとコクがでる。


b0196052_1949980.jpg



昨晩、嬉しい事があって、おいおいと泣いていました。
あっ、でもいくら嬉しい事とはいえ、泣きすぎると明日目が腫れてしまって家から出られない顔になる・・と
ふと一瞬正気になったら、じーーーーっと猫がこっちをみていました。

「悲しい事じゃないんだよ。嬉しくって泣いていたんだよ」
といったら
「知ってるよ」っていうんですよ。
悲しくて泣いている時には擦り寄っていくようにしているけれども、そうじゃないようなので
見守っていたそうですよ^^
[PR]

by yumiko-to-mozart | 2012-10-04 19:52 | yumikoの日記
2012年 10月 02日

ばななさんのご飯の本

b0196052_004877.jpg


トルストイの「復活」を読んだ後に。またまたトルストイの「人生論」を読んでいたのですが、
考えながら読むという事に疲れ、
今は気分転換にこの本を読んでいます。

よしもとばななさん

「キッチン」や「哀しい予感」もずっと以前に読んだなぁ。
若いけれども達観しているような、そしてちょっとだけとんがった感覚に
共感できたように記憶しています。

それで、この本はエッセイ的な本であり、とんがったばななさんではなく、
ママンばななさんの料理に関するとっても読みやすい本です。
でも短いエッセイにもそれなりな余韻があって、
ちょっと読んでは閉じて、おやつを食べて・・・という
そんな本です。

一緒に写っているおやつは玉チョコなのですが、
札幌の宮の森のお菓子屋さんのもの。いただきものでちょっと高級な玉チョコなようです。


密かにブログを再開いたしました。

不定期な投稿になるかもしれませんが、訪問される方たち、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

by yumiko-to-mozart | 2012-10-02 00:08 | 読書